スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日は正午から龍谷大学大学院NP0地方行政研究コースの指定先懇談会に出席してきました。
大学側の説明によると、大学設置にあたって、これまでの大学に与えられたミッションである教育・研究機能に加えて、大学の社会への貢献、更には大学院設置目標として高度の専門職業人を社会人の中から養成することを文科省から要請されているとのことでした。
 具体的には、同大学としてNPOや地方行政機関との間に公共人材を育成することを目的に協定を締結し、社会人院生は大学で研究機会を得ると共に、学部生上がりの若き院生には社会的・実践的な課題を提供することを通じて研究への問題意識を高めて頂こうという趣旨だと理解しています。
 昨年度、今年と当法人からは、龍谷大学に院生を送り出しています。次年度も同大学の法学研究科には、労働関連法教育の経験を生かして、地域の公共人材として自ら学ぶ意欲のある者を当法人から推薦したいと思います。
とりわけ今日的な課題である労働現場における人権や労働者の人格権という実践的な課題について学ぶことを通じて、いじまや嫌がらせのない職場環境の改善など社会貢献事業に関わって頂きたいと思っています。

シンポジウム 9/14労働関連法教育

今年の秋は、シンポジウムを皮切りに様々な企画を打ち立て、NPOの活動が始まる。
今若者の就活は、親の世代とは異なり、いまや全身就活の時代だ。
鎧を着ての就活はしんどいであろうから、もっと普段着の自分をさらけ出して
会社に臨むことは出来ないだろうか。そんな若者を支援したいと思う。

編集会議

今日はホームページの編集会議を開きました。澤井理事長や山代印刷、更に連携先の京都府の職員も駆けつけてくれました。これまで休眠状態であったホームページであるが、毎月1回の編集会議を持つことで、リンク先やこのブログを通じることで当会の活動とそのネットワークを拡大したいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。